一目均衡表は使えるのか?一目を今一度理解する

一目均衡表は使えるのか?一目を今一度理解する

一目均衡表を使う人は多い。
なぜか人気のあるテクニカル指標ですが。
何気なく使っている人も多いのではないか。
そんな疑問があります。
そして不思議な理論として、
波動という考え方があります。

個人的には波動はまったくナンセンスだと。
そう考えています。
波動に根拠はないと考えます。
一目均衡表の周期的な理論もあります。
それも不確実なものだと考えています。

まずは一目均衡表の各線を理解する必要がある。
雲(先行スパン1・2)
雲は一目均衡表の大きな特徴の一つですね。
大雑把に言って雲の上は強気相場、下は弱気相場。
そう考えるのが基本です。
雲を目安として考えるのですね。

そもそも雲とはどのような意味があるのか?
26日と52日の値の高値安値を半分にした値
それを25日先にずらした線が雲である。
ざっくり言えばこんな感じか。
もっとざっくり言えば。
【52・26移動平均線を25日先に表示した】
こんなイメージだと考えてください。

ではなぜ52・26移動平均線なのだろうか?
相場約1カ月が26日、約2ヵ月が52日だということですね。
つまりは、1カ月+2カ月の平均を1カ月ずらして表示している。
こんなイメージです。

【先月・先々月の相場平均値と現在値を比較するための指標が雲である】
こんなイメージです。
ここまでかみ砕いて説明すれば何となくわかるでしょう。

皆さんが相場を見るとき何を基準にしますか?
ちょっと前の価格より比較して現在の価格を見ませんか?
それがまさに雲の値なわけです。

だから雲より上だったら過去より上昇しているわけだから、
強気相場となります。
単純明快な基準ですね。
基準線・転換線も似たような考え方で書かれた線です。

このような理論があるわけですが。
波動という考え方は理屈で説明できるわけでない。
そう考えます。
個人的には否定的です。

どちらにしても一目均衡表を理解するには。
各線の理論を理解するのが近道ですね。

 

一目均衡表を使う人は多い。
なぜか人気のあるテクニカル指標ですが。
何気なく使っている人も多いのではないか。
そんな疑問があります。
そして不思議な理論として、
波動という考え方があります。

個人的には波動はまったくナンセンスだと。
そう考えています。
波動に根拠はないと考えます。
一目均衡表の周期的な理論もあります。
それも不確実なものだと考えています。

まずは一目均衡表の各線を理解する必要がある。
雲(先行スパン1・2)
雲は一目均衡表の大きな特徴の一つですね。
大雑把に言って雲の上は強気相場、下は弱気相場。
そう考えるのが基本です。
雲を目安として考えるのですね。

そもそも雲とはどのような意味があるのか?
26日と52日の値の高値安値を半分にした値
それを25日先にずらした線が雲である。
ざっくり言えばこんな感じか。
もっとざっくり言えば。
【52・26移動平均線を25日先に表示した】
こんなイメージだと考えてください。

ではなぜ52・26移動平均線なのだろうか?
相場約1カ月が26日、約2ヵ月が52日だということですね。
つまりは、1カ月+2カ月の平均を1カ月ずらして表示している。
こんなイメージです。

【先月・先々月の相場平均値と現在値を比較するための指標が雲である】
こんなイメージです。
ここまでかみ砕いて説明すれば何となくわかるでしょう。

皆さんが相場を見るとき何を基準にしますか?
ちょっと前の価格より比較して現在の価格を見ませんか?
それがまさに雲の値なわけです。

だから雲より上だったら過去より上昇しているわけだから、
強気相場となります。
単純明快な基準ですね。
基準線・転換線も似たような考え方で書かれた線です。

このような理論があるわけですが。
波動という考え方は理屈で説明できるわけでない。
そう考えます。
個人的には否定的です。

どちらにしても一目均衡表を理解するには。
各線の理論を理解するのが近道ですね。

 
セール中!今なら最大53%オフ!
本商品もセール対象です。
在庫が無くなり次第終了させて頂きます。