脳は環境に慣れる、速聴も速さに慣れる【ブログ】

脳は環境に慣れる、速聴も速さに慣れる【ブログ】

【脳の対応力について】
私たちの脳は環境に対応する能力があります。
一般的には慣れとも言いますね。
慣れとは私たちが無意識に行っていますね。
だから、慣れようとして意識するとか。
意識すれば慣れるとかあまりないです。
自然に脳や体が慣れてくる。
実はこれ凄い能力なのですよ。
人間の対応能力は侮れないのですよ。

【慣れは人工知能では無理】
現在は人工知能というコンピューターがあります。
これは人間に近い思考をしますね。
一定のルールを設ければ、人間より凄い性能がよいです。
一定の決められたルールということですが。
逆に言えばこれが弱点でもあります。
ルールを決めるのはあくまでも人間です。
ルールそのものを変えてしまったとしたら。
人工知能は対応できないのです。
例えば、将棋というルールがあったとして。
将棋のルール自体を変えてしまった。
この場合は人工知能はまったく対応できません。
ルール自体が理解できないということです。
だから滅茶苦茶になって思考停止します。
こうなると新たにプログラミングしなおす必要があります。
人間だと慣れは必要ですが対応はできますね。

【すべての感覚は慣れてくる】
人間で言えば視覚・聴覚は特に慣れやすいです。
慣れるまでは無理に感じるかもしれません。
ただ、その状態でも続けた方がいいでしょう。
何度も何度もしつこいくらいにやってみるのです。
聴覚も慣れると全然苦痛でなくなりますね。
その状態をキープしながら、トレーニングを続けましょう。
しかし、何度も同じ音声を聴いてると飽きてきます。
慣れる前に飽きてくるかもしれません。
そんなときは違う音声を聴くといいです。

・何度も聞く
・同じ音声を聞く
・飽きたら違う音声を聞く
・毎日15分聞く

これを続けると自然と慣れてきます。
是非実践してみてください。

【毎日実践する、日常に取り入れる】
速聴をマスターするために必要なことは?
毎日実践することです。
それだけです。
とても簡単だと思いませんか?
毎日実践するだけなのですが。
実際にはそれができない人が多いです。
理由は何か?

・面倒くさい
・時間がない
・やる気がでない
・忘れていた

こんな原因があるのです。
これは速聴をやり始めた人に多い原因ですね。
そもそも何のためにやるのか。
ただの興味本位だけだったのか。
そうではないはずです。
誰かに強制されている訳ではない。
自分の為にやらなければない。
その決意が大切になりますね。

【見返りは大いにある】
やらない理由はあるかもしれません。
でも頑張れば、大きな見返り(成果)はあるのです。
その成果があるまでは地道に頑張るのです。
自分が駄目だとか、無理とか。
そんなことは関係ありませんね。
やるだけ、実行するだけです。
あなたがやる気さえあればできるのです。
ちゃんと実行しただけの見返りはあるのです。
最初が肝心ですね。
最初から3倍が聴き取れる訳ではない。
だから最初はとても辛抱が必要なのです。

【実行は大変なのか?】
大変と感じるかは本人の問題ですね。
できると思えば簡単にできます。
無理と思えば難しく感じます。
だから、聴くことを警戒してはいけません。
聴くだけですから、聞き流すだけですから。
何か行動とかする訳ではありません。
だから、最後はメンタルの問題だと思います。
メンタル(心)の持ち方ということです。
これをやれば、絶対良いことがある。
これは自分に必要なことだからやる。
そのように前向きになれるかどうか?
全ては心の問題になります。
ここでやるための心得を書いておきます。

・自分を信じる
・毎日5分がんばると思う
・難しく考えない
・絶対できると思う
・自分を変えるという気持ち

このような心得を思いましょう。
あくまでもメンタルの問題ですね。
難しく重く考えないこと。
ネガティブに考えると行動できなくなります。
聴くという行為を止めないように。
いつでも、どこでも聴ける環境を作りましょう。

 

【脳の対応力について】
私たちの脳は環境に対応する能力があります。
一般的には慣れとも言いますね。
慣れとは私たちが無意識に行っていますね。
だから、慣れようとして意識するとか。
意識すれば慣れるとかあまりないです。
自然に脳や体が慣れてくる。
実はこれ凄い能力なのですよ。
人間の対応能力は侮れないのですよ。

【慣れは人工知能では無理】
現在は人工知能というコンピューターがあります。
これは人間に近い思考をしますね。
一定のルールを設ければ、人間より凄い性能がよいです。
一定の決められたルールということですが。
逆に言えばこれが弱点でもあります。
ルールを決めるのはあくまでも人間です。
ルールそのものを変えてしまったとしたら。
人工知能は対応できないのです。
例えば、将棋というルールがあったとして。
将棋のルール自体を変えてしまった。
この場合は人工知能はまったく対応できません。
ルール自体が理解できないということです。
だから滅茶苦茶になって思考停止します。
こうなると新たにプログラミングしなおす必要があります。
人間だと慣れは必要ですが対応はできますね。

【すべての感覚は慣れてくる】
人間で言えば視覚・聴覚は特に慣れやすいです。
慣れるまでは無理に感じるかもしれません。
ただ、その状態でも続けた方がいいでしょう。
何度も何度もしつこいくらいにやってみるのです。
聴覚も慣れると全然苦痛でなくなりますね。
その状態をキープしながら、トレーニングを続けましょう。
しかし、何度も同じ音声を聴いてると飽きてきます。
慣れる前に飽きてくるかもしれません。
そんなときは違う音声を聴くといいです。

・何度も聞く
・同じ音声を聞く
・飽きたら違う音声を聞く
・毎日15分聞く

これを続けると自然と慣れてきます。
是非実践してみてください。

【毎日実践する、日常に取り入れる】
速聴をマスターするために必要なことは?
毎日実践することです。
それだけです。
とても簡単だと思いませんか?
毎日実践するだけなのですが。
実際にはそれができない人が多いです。
理由は何か?

・面倒くさい
・時間がない
・やる気がでない
・忘れていた

こんな原因があるのです。
これは速聴をやり始めた人に多い原因ですね。
そもそも何のためにやるのか。
ただの興味本位だけだったのか。
そうではないはずです。
誰かに強制されている訳ではない。
自分の為にやらなければない。
その決意が大切になりますね。

【見返りは大いにある】
やらない理由はあるかもしれません。
でも頑張れば、大きな見返り(成果)はあるのです。
その成果があるまでは地道に頑張るのです。
自分が駄目だとか、無理とか。
そんなことは関係ありませんね。
やるだけ、実行するだけです。
あなたがやる気さえあればできるのです。
ちゃんと実行しただけの見返りはあるのです。
最初が肝心ですね。
最初から3倍が聴き取れる訳ではない。
だから最初はとても辛抱が必要なのです。

【実行は大変なのか?】
大変と感じるかは本人の問題ですね。
できると思えば簡単にできます。
無理と思えば難しく感じます。
だから、聴くことを警戒してはいけません。
聴くだけですから、聞き流すだけですから。
何か行動とかする訳ではありません。
だから、最後はメンタルの問題だと思います。
メンタル(心)の持ち方ということです。
これをやれば、絶対良いことがある。
これは自分に必要なことだからやる。
そのように前向きになれるかどうか?
全ては心の問題になります。
ここでやるための心得を書いておきます。

・自分を信じる
・毎日5分がんばると思う
・難しく考えない
・絶対できると思う
・自分を変えるという気持ち

このような心得を思いましょう。
あくまでもメンタルの問題ですね。
難しく重く考えないこと。
ネガティブに考えると行動できなくなります。
聴くという行為を止めないように。
いつでも、どこでも聴ける環境を作りましょう。