日経225先物のシステムトレードで勝つ方法【ブログ】

日経225先物のシステムトレードで勝つ方法【ブログ】

日経225先物システムトレードで勝つ方法とは?
この疑問にお答え致します。
注文の仕方には大きく分けて2種類あります。
成行注文、指値注文(逆指値)この2種類です。
どちらが良いとは言えません。
ただ、一つ言えることがあります。
それは、プロは価格を計算して注文している。
この価格を計算するというのがポイントです。
ではそもそも計算とは何なのか?


【価格計算はプロが使う手法】
価格の計算方法は人それぞれです。
その方法こそが勝つ秘訣なのですから。
門外不出の計算方法なのは言うまでもありません。
計算方法は人には絶対に教えてくれません。
それがプロトレーダーの世界です。
ですから、素人が負けるのは当たり前です。
価格を計算していないのですから・・・


【素人はインジケーターを利用する】
素人でも一般的なインジケーターは利用できます。
インジケーターには色々な種類がありますが。
代表的なものを上げると。

・移動平均線
・ボリンジャーバンド
・一目均衡表
・MACD
・RSI

マイナーなインジケーターでは。
・スパンモデル
・CCI
・ハイローバンド
・エンベロープ

等々様々あります。
このようなインジケーターを使いこなす。
それが一つの手法であります。
インジケーターはそれぞれ癖があります。
その癖をよく理解することが大事です。


【価格を計算すると指値が使える】
先ほど価格計算をプロが行ってるのですが。
これはエントリーでも決済でも目安になります。
計算した結果で指値(逆指値)を入れればいいのです。
ですから、チャートに振り回されることもありません。
感情に左右されることなくトレードができます。
これはとても賢いやり方です。
このレベルまで来ると、非常にスマートなトレードです。


【特別なシステムを使えば価格計算できる】
有料ではありますが、システムを使う方法があります。
特殊な計算をしてくれるシステム計算です。
そのようなソフトは無料ではほぼありません。
何しろ、計算じたいが門外不出なのですから。
無料で提供してるとかはありません。
自分で計算できないなら、システムを利用する。
これが賢明な方法だと思います。
何しろ大金を使ってトレードしてるわけですから。
適当にトレードするわけにもいきません。
投資は負けても自己責任です。
大負けしてもお金は戻ってきません。
ですから、システムに頼るのは一つの方法です。

 

日経225先物システムトレードで勝つ方法とは?
この疑問にお答え致します。
注文の仕方には大きく分けて2種類あります。
成行注文、指値注文(逆指値)この2種類です。
どちらが良いとは言えません。
ただ、一つ言えることがあります。
それは、プロは価格を計算して注文している。
この価格を計算するというのがポイントです。
ではそもそも計算とは何なのか?


【価格計算はプロが使う手法】
価格の計算方法は人それぞれです。
その方法こそが勝つ秘訣なのですから。
門外不出の計算方法なのは言うまでもありません。
計算方法は人には絶対に教えてくれません。
それがプロトレーダーの世界です。
ですから、素人が負けるのは当たり前です。
価格を計算していないのですから・・・


【素人はインジケーターを利用する】
素人でも一般的なインジケーターは利用できます。
インジケーターには色々な種類がありますが。
代表的なものを上げると。

・移動平均線
・ボリンジャーバンド
・一目均衡表
・MACD
・RSI

マイナーなインジケーターでは。
・スパンモデル
・CCI
・ハイローバンド
・エンベロープ

等々様々あります。
このようなインジケーターを使いこなす。
それが一つの手法であります。
インジケーターはそれぞれ癖があります。
その癖をよく理解することが大事です。


【価格を計算すると指値が使える】
先ほど価格計算をプロが行ってるのですが。
これはエントリーでも決済でも目安になります。
計算した結果で指値(逆指値)を入れればいいのです。
ですから、チャートに振り回されることもありません。
感情に左右されることなくトレードができます。
これはとても賢いやり方です。
このレベルまで来ると、非常にスマートなトレードです。


【特別なシステムを使えば価格計算できる】
有料ではありますが、システムを使う方法があります。
特殊な計算をしてくれるシステム計算です。
そのようなソフトは無料ではほぼありません。
何しろ、計算じたいが門外不出なのですから。
無料で提供してるとかはありません。
自分で計算できないなら、システムを利用する。
これが賢明な方法だと思います。
何しろ大金を使ってトレードしてるわけですから。
適当にトレードするわけにもいきません。
投資は負けても自己責任です。
大負けしてもお金は戻ってきません。
ですから、システムに頼るのは一つの方法です。

 
同じカテゴリの商品