日経225先物 vs FXのレバレッジを比較したら凄い結果【ブログ】

日経225先物 vs FXのレバレッジを比較したら凄い結果【ブログ】

日経225先物とFXのレバレッジを比較
どのくらい違うのか。
手数料はどうなのか。
など様々な視点から比較してみます。


【レバレッジの違いは?】
日経225先物ラージ 1000倍
日経225先物mini 100倍
FX個人 20倍(建玉維持は25倍)
FX法人 変動制(約100倍)

これは国内業者のレバレッジになります。
どうでしょうか?
日経225先物がminiでも100倍とは凄いことです。
このレバレッジの高さが日経225の人気の理由でもあります。
FXよりもハイリスクハイリターンの勝負ができます。
それが日経225先物という投資なのです。
聞いた話では日経225で破産したとか、何千万損したとか。
そんなことをある投資家が言っていました。
それほど損益が大きい投資なのです。
初心者が手を出すと痛い目にあいますね。


【1日で50万円負けることが可能?】
日経225先物の負けについて話します。
価格変動としては1日で500円動くことは偶にあります。
mini10枚で勝負したら50万円の損益が出てきます。
やはり勝負としては日経225の方が大きいと思います。
それは証拠金を考えればよくわかります。
日経225先物はFXよりも証拠金が少なくてレバレッジが大きい。


【日経225先物・FXの必要証拠金】
日経225先物mini1枚 80000円前後(レバレッジ100倍)
FX1万通貨 45000円前後(レバレッジ20倍)

レバレッジ100倍分で計算すると
日経225先物mini 1枚(100倍) 証拠金80000円前後が必要
FX 5枚(20倍×5枚) 証拠金225000円前後が必要 

レバレッジで計算すると証拠金は違います。
ただ、レバレッジがそれぞれ5倍も差があることに注目。
レバレッジ5倍差なのに証拠金は2.7倍の開きがあります。
それだけ日経225先物は少ない証拠金で大勝負ができる。
それが魅力なのだと思います。


【日経225先物・FXの手数料&スプレッドは?】
日経225先物mini 1枚 手数料往復70円前後(片道手数料30円前後)
FX 1枚 手数料0円(システム業者は別)

日経225先物mini スプレッド0円(成行実質1pips500円 往復1000円)
FX スプレッド ドル円0.2銭前後 20円前後(変動あり)

FXは手数料は0円ですが、その代わりスプレッドがかかります。
日経225先物はスプレッドはかかりません。
ただし、成行では1pipsの実質スプレッドがかかります。
往復で2pipsで1000円の実質スプレッドがかかります。
ですから成行で勝負しないことです。

手数料とスプレッドはそもそも違う概念なので。
どちらが得とは言えません。
ただ、日経225先物はFXよりもスベリが少ない。
ですから実質手数料は日経225先物の方が安い気がします。
FXは大きく動くときはスプレッドが開いてスベリも発生します。
ですから実質手数料は大きくなると考えられます。

 

日経225先物とFXのレバレッジを比較
どのくらい違うのか。
手数料はどうなのか。
など様々な視点から比較してみます。


【レバレッジの違いは?】
日経225先物ラージ 1000倍
日経225先物mini 100倍
FX個人 20倍(建玉維持は25倍)
FX法人 変動制(約100倍)

これは国内業者のレバレッジになります。
どうでしょうか?
日経225先物がminiでも100倍とは凄いことです。
このレバレッジの高さが日経225の人気の理由でもあります。
FXよりもハイリスクハイリターンの勝負ができます。
それが日経225先物という投資なのです。
聞いた話では日経225で破産したとか、何千万損したとか。
そんなことをある投資家が言っていました。
それほど損益が大きい投資なのです。
初心者が手を出すと痛い目にあいますね。


【1日で50万円負けることが可能?】
日経225先物の負けについて話します。
価格変動としては1日で500円動くことは偶にあります。
mini10枚で勝負したら50万円の損益が出てきます。
やはり勝負としては日経225の方が大きいと思います。
それは証拠金を考えればよくわかります。
日経225先物はFXよりも証拠金が少なくてレバレッジが大きい。


【日経225先物・FXの必要証拠金】
日経225先物mini1枚 80000円前後(レバレッジ100倍)
FX1万通貨 45000円前後(レバレッジ20倍)

レバレッジ100倍分で計算すると
日経225先物mini 1枚(100倍) 証拠金80000円前後が必要
FX 5枚(20倍×5枚) 証拠金225000円前後が必要 

レバレッジで計算すると証拠金は違います。
ただ、レバレッジがそれぞれ5倍も差があることに注目。
レバレッジ5倍差なのに証拠金は2.7倍の開きがあります。
それだけ日経225先物は少ない証拠金で大勝負ができる。
それが魅力なのだと思います。


【日経225先物・FXの手数料&スプレッドは?】
日経225先物mini 1枚 手数料往復70円前後(片道手数料30円前後)
FX 1枚 手数料0円(システム業者は別)

日経225先物mini スプレッド0円(成行実質1pips500円 往復1000円)
FX スプレッド ドル円0.2銭前後 20円前後(変動あり)

FXは手数料は0円ですが、その代わりスプレッドがかかります。
日経225先物はスプレッドはかかりません。
ただし、成行では1pipsの実質スプレッドがかかります。
往復で2pipsで1000円の実質スプレッドがかかります。
ですから成行で勝負しないことです。

手数料とスプレッドはそもそも違う概念なので。
どちらが得とは言えません。
ただ、日経225先物はFXよりもスベリが少ない。
ですから実質手数料は日経225先物の方が安い気がします。
FXは大きく動くときはスプレッドが開いてスベリも発生します。
ですから実質手数料は大きくなると考えられます。

 
同じカテゴリの商品