日経225先物は1000円単位で上昇下降する?法則について説明【ブログ】

日経225先物は1000円単位で上昇下降する?法則について説明【ブログ】

日経225先物の1000円単位の動きを説明します。
20000円、21000円、22000円・・・・
区切りとなる1000円単位でのトレード。
これを攻略する方法はあるのでしょうか?
反発なのか調整なのか?
それについて説明します。

【基本は250円ルールで思考する】
日経225先物は250円ルールで動いてます。
これは250円動いたらそれ以上は行きにくいという法則です。
これを250円ルールと言います。

例えば、250円上昇して22000円に近付いたとします。
このときに22000円を突破するか?
その可能性は低いと思います。
既に250円上昇している訳ですから。
上昇する力も弱くなっています。
余程のサプライズがない限り22000円からは下がる。
そう考えることができます。
このように考えるのが250円ルールです。
これを知らないトレーダーは損をします。
250円ルールは常に頭に入れてトレードする。
これが鉄則になります。

【落ちるときは500円もあり得るが・・・】
今度は下落の考え方です。
落ちるときは500円の下落もたまにあります。
下落は早いですし、250円の2倍で500円落ちるときもある。
そう覚えておくと良いでしょう。

例えば
500円下落して22000円に近付いたとします。
そのときにトレーダーの心理はもっと落ちるかもしれない。
そんな恐怖の心理になります。
でも下落500円ルールで考えるとそうは思いません。
500円下落したならば、それよりは下がりにくい。
そう考えるのが下落500円ルールです。
むしろ買いのチャンスになります。
ですから、22000円がサポートとなって反発する。
そう思考が働きます。
このような下落500円ルールも徹底するべきです。
これを知らないトレーダーは損をします。

【勿論1000円単位を超えると逆転する】
1000円単位はレジスタンス・サポートの役割をします。
でも、超えてしまった場合は状況が変わります。
1000円単位を上回るならばサポートになる。
1000円単位を下回るならばレジスタンスになる。
状況は逆転してしまうのです。
これも認知する必要があります。
それに250円、500円ルールも考慮する。
この組み合わせで相場は動いていきます。

【抜けたとき何円動いてるのか?】
いま何円動いているのかを注目する。
これは常に意識してみた方がいいです。
250円、500円はいつのチャートでも適用できます。
それを考慮しつつトレードしていく。
1000円単位もルールを理解すれば対応しやすいです。
高値から安値から何円動ているのか?
それを見ることは鉄則になります。